アパートの引越しで困ったこと

久しぶりの運転が心配

当初の予定では、業者さんに荷物を運んでもらおうと思っていました。 しかし、依頼した日にちが遅かったため、どこの業者さんにも荷物を運ぶのを断れてしましまいました。 そこで、急きょ、自分で運ぶことになったのです。 そこで、初めてレンタカーを借りることにしたのです。 なぜなら、私は車を持っていません。

いわゆる、ペーパードライバーというものです。 もう4年も車を運転していません。 本当は誰かに運転を頼もうと思ったのですが、こちらも運が悪く、都合の付く人がいませんでした。 仕方がないため、自分で運転します。 今回の引越し距離は約100キロ。 もちろん、行ったことがない土地なので、初めての道を走ることになります。

さらに、4年ぶりの運転。 心配なことがたくさんありますが、ここまで来たら自分ですべてをするしかありません。 さて、レンタカーを借りに行きました。 初めてなので、どうやって車種やコースを決めたらわかりませんでしたが、引越しで使いたいというとこの車種でこのコースがおすすめです。 と親切に女性のスタッフが教えてくれました。

悩んでも仕方がないので、即効決めました。 あとは、当日にレンタカーを取りにくればいいということでした。 ひとまず安心して帰宅。 それから、荷物の仕分けを行います。 まず、使っていないものを分けます。 それから、順番に箱に詰めていきます。 すでに3回も引越しをしているので、荷造りは簡単です。 段取りもわかっているのでストレスなく作業が運びます。

今回は、なんと引越しの3日前に荷造りが終わってしまいました。 いつも何かトラブルがあるのが当たり前なのに、あまりにも順調にできてしまったので、恐ろしいです。 引越し前日は、ぎりぎりまで使っていた冷蔵庫やクーラーそして、布団を片づけていきます。 これもスイスイ進みました。 あとは、当日を待つのみとなりました。 ここまで順調であったため、当日も朝早くに目覚めることができました。 今日の午前7時にレンタカーの予約をしているので、朝食を済ませたら、早速出かけます。

さて、5分前にレンタカー店に到着。 早速、手続きをして、レンタカーに乗ります。 4年ぶりの運転に緊張します。 運転する感触がよみがえってきました。 ゆっくり、運転して、自宅に戻りました。 実は、自宅に帰るときには大きな道路を通らなければいけないのですが、そこで、何度も車線からはみ出してしまし、火やりとする場面がありました。

やっぱり、誰かに運転を頼めばよかったと何度も思いましたが、ここまできたら最後まで頑張るしかないです。 さて、自宅に戻ったら、今に移動させた荷物を一つずつ運び入れます。 久しぶりに重いものをもつため、ぎっくり腰にならないように細心の注意しながら、運びます。 今回の引越しでは全部で15個の箱があります。 それらをすべてレンタカーに入れるのに45分で完了。 予想通りです。

これから100キロ長距離ドライブが始まります。 まずは引越し先の情報をカーナビに入力します。 今は本当に便利です。 全く知らない土地でもカーナビはすべて教えてくれます。 なので、今回のドライブも大丈夫そうです。 ただ、運転を初めてすぐに、渋滞であることを知らせるカーナビ。 そこで、渋滞をさけるため、別の道を提案してくれるのですが、4年ぶりの運転なので、あまりいろいろな道を運転するのはイヤでした。 運転中に何かあったらイヤなので、カーナビの案内を無視して、渋滞を解消するのを待つことにしました。

しかし、一向に渋滞が解消することはなく、上手に運転できないことと、前に進まないイライラで困っていました。 すると、やっと、渋滞が解消したのが、運転を始めて3時間後。 この時点で軽く2時間オーバーです。 今日借りたレンタカーは今日に返さなければいけません。 100キロのなら1日レンタルで大丈夫とスタッフが言ったので、その通りにしました。

かなり焦ります。 慣れない運転で精神的にも焦っているときはろくなことがおこりません。 なんと、前輪を路肩の穴に落としてしまったようです。 慣れないので車幅がいまいちわかっていないため、前輪が落ちてしまったようです。 車から降りてみると、自分では持ち上げることができません。

誰かに応援を頼むしかありません。 すると、通りすがりの男性が3人も手伝ってくれることになりました。 おかげで、すぐに路肩の穴から持ち上げることができました。 さて、運転再開です。 このままでは予定の時間に着くのは無理なので、まずはお店に連絡を入れることにしました。

そこで、明日、返すことにするため延長を申し出ました。 幸い、延長できましたが、追加で1万1千円も追加料金が取られることになりました。 かなり痛い出費です。 今月は節約した生活を送らなければいけません。 これで焦って引越し先に行く必要がなくなりました。 ここからは事故をしないように慎重に運転することにしました。 少し落ち着きがでてきました。 さて、100キロのドライブでしたが、途中で渋滞、路肩に落ちるというトラブルがありましたら、やっと到着できました。時間にして8時間も掛かってしまいました。 予想よりも4時間遅れです。

やはり、引越しはトラブルが絶対あります。 さて、着いたのが深夜12時だったので、まずは、荷物を新しいマンションに入れていきます。 もう深夜なので、音を立てないで運びます。 引越し当初から騒音を出してしまったら、大変です。 音を立てずに運び入れます。 すべてを運び入れたら、次の日になっていました。

早速寝ます。 なぜなら、明日の昼までにはレンタカーを返さなければいけないからです。 また100キロの道を戻ることになります。 今回の引越しでわかったことは業者さんに依頼したほうがどれだけ楽かということです。